読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

男性向け子供乗せ自転車を買う。

自転車を買う。 子供用品を買う。

第一子の保育園は自転車通園。クロスバイクにリアチャイルドシートをつけて走っていました。(→自転車通園グッズを買う。~自転車・チャイルドシート編~ - 私的良品。

かなり快適な自転車通園ライフだったのですが,先日第二子が保育園に入園。今のクロスバイクに子どもを二人乗せると法律的にアウトなので,合法的に子どもを二人乗せられる自転車=「幼児2人同乗基準適合車」が必要になり,悩み抜いて購入しました。今回はその逡巡の過程を記したいと思います。

 

子供乗せ自転車は基本的に「ママ」向け

保育園が決まったあと,とりあえずポチポチと子供乗せ自転車について調べていたのですが,これが腹が立つくらいどれもママ向けデザイン。ネーミングからして「◯◯ママ」とか「◯◯キュート」とか。どこのサイトを見ても笑顔でポーズをとっているのは女性。世のニーズからいくとそうなってしまうのかもしれませんが,このご時世,そりゃないだろうと嘆きたくなります。

男性が子どもを乗せて自転車に乗るのを侘しいとは思いませんが,「ママ」チャリに乗るのは侘しい。男性が乗ってもおかしくない,子供乗せ自転車が欲しい。

 

男性には電動か非電動か

とりあえずデザインについては横に置いておいて,これから子供乗せ自転車を買おうという人がまず悩むのは,電動アシスト自転車にするか否かだと思います。

当たり前ですが非電動より電動の方が高い。けれど電動の方がラク。なので予算に余裕があるのなら,大抵の人は電動が欲しいと思うでしょう。子どもを二人乗せるとなると,それだけで重いし。

電動アシスト自転車の落とし穴

けれど「電動=高い」は真実ですが,「電動=ラク」というのは一概には言えません。男性なら特に,電動が無用の長物というケースも多いのではないかと思います。

落とし穴①重い

当然の話ですが,電動機が付いていない自転車よりも,電動機が付いている自転車のほうが重いです。この数Kgの差が,自転車を漕ぐときにかなりの負荷となって影響を及ぼすのは,スポーツサイクルに乗る人ならよく分かるのではないかと思います。

落とし穴②常時アシストするわけではない

調べてみるまで私も知らなかったのですが,電動アシスト自転車は常時アシストしてくれるわけではなく,速度が出ているときはアシストしてくれません。坂道や重い物(子ども)を乗せてノロノロと走っているときはフルアシスト,しかしスピードが出れば出るほどアシスト力は小さくなります。つまり,ある程度のスピードを出して走るときは,電動機はただの重い荷物。

結論:無駄に高くて重い自転車に成り下がる可能性がある

子どもを乗せている時間が長く,脚力も無い,という人には非常に助けになる電動アシスト自転車。

ですが我が家の場合,自宅から保育園までの距離よりも保育園から職場までの子どもを乗せていない距離の方が長く,また乗り手もある程度の脚力がある男性。何より朝と夕方のドタバタ時間帯,なるべくスピードを出して走りたい。というわけで,電動機無しの自転車を買う選択をしました。

 

ちなみに,電動アシストにするならブリヂストンのHYDEEⅡ(ハイディツー)一択でした。それくらいデザインがいい。写真では分かりませんがタイヤがゴツくてカッコよく,車体の色やマットなディティールも渋い。これぞ男性でも乗れる子供乗せ自転車。これの電動機無しがあれば…と残念でなりません。

BRIDGESTONE ハイデイツー

 

また,私が購入した頃にはリリースされていませんでしたが,同じくブリヂストンのbikke GRI(ビッケグリ)も「男女とも乗れる!」を前面に押し出したコンセプトで,なかなか良いです。(これも電動機無しモデルを出してほしい…)

ブリヂストン bikke GRI(ビッケグリ)

 

 

電動機なしの男性向け子供乗せ自転車

というわけで電動機がついていない子供乗せ自転車を求めて,自転車屋さんへ。ネットではなかなか有名メーカーしか引っかかりませんが,店舗には中小メーカーの安い適合車もたくさん置いてありました。たぶんそちらの方が売れ筋なのだと思います。

が,「男性が乗る」ということを考えると,悩む余地なくこちら一択でした。

ブリヂストン ビッケ(bikke) MOB b ダークグレー

 

ブリヂストンのbikke MOB(ビッケモブ)。

電動機付きのbikke GRI(ビッケグリ)と比べると曲線が入った若干甘めのデザインではありますが,男性でも十分乗れるデザインです。

ちなみにビッケの特徴はサドルやハンドル,チャイルドシートとそのカバー等,様々な色を組み合わせて自分好みにカスタムできる点だと思います。が,我が家はダークグレーの車体に同色のサドルとハンドルカバー,チャイルドシート。シートクッションのみライトグレーという,面白みのないモノトーンコーデとなっています。(重たい雰囲気で気に入っています。)

余談ですが,クロスバイクに乗っていた頃には無かった前カゴ。めっちゃ便利。

 

子供乗せ自転車に対する不満

そんなこんなで我が家の幼児2人同乗基準適合車,これ以外にない!というベストな選択だったと思いますし後悔のない買い物ができました。が,不満が無いかというとそれが大いにあるのです。

ぶっちゃけ高い

我が家のビッケ,電動機なしのモデルですが,しめて10万。チャイルドシートに1万5千円はともかく,クッションに5千円て。おい。しかも高性能とかそんなわけではなく,ペラッペラ。10万あったらロードバイクの入門機だって買えます。

ぶっちゃけ重い

安全性のために,それはもう信じられないくらい重たく作られています。

やっぱり遅い

比喩ではなく,通勤時間が2倍になりました。

 

購入前は,そうは言ってもロードバイクに子どもを乗せるよりは安全なのだから,上の子が就学したあとも下の子1人を乗せて使おうと思っていたのですが,絶対にもとのロードに乗り換えようと思っています。

 

 

と,暗い話で終わってしまいましたが,そうはいっても時代が時代なので男性向けの子供乗せ自転車は今後増えていくだろうと思います。

ブリヂストンだけでなく,他のメーカーにもぜひ作ってもらいたいところです。

 

 

 

なかなか見つからない,ベビー用のヘルメット。

 

【関連記事】