私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

4歳児の自転車選びに関して思うこと。

幼児用の自転車選びについて。

巷には色々な意見があるので,私なりの結論をまとめておきます。

 

①インチ数

「何インチの自転車を買うべきか」という質問をよく見かけます。我が家は結果的には身長100cmの子供に14インチを買いました。一般的には,4歳の子供であれば気持ち大きめの16インチを買う人が多いかと思います。中には18インチという人も。

 

ここで注意したいのは,インチ数とはタイヤの大きさを表すものであって自転車の大きさを表すものではないということです。大人だって24インチの自転車に乗る人からミニベロに乗る人もいるように,車体の大きさは様々です。なので質問サイトを見ても,「ウチの子は何インチに乗れた」「乗れなかった」等様々な意見があるわけです。

 

幼児の自転車を選ぶ際に一番大切なのは,インチ数よりもサドルの高さ。初めての自転車は,大き目を買いたいところをぐっと我慢して,「足がべったりつく大きさであること」が購入の条件かな,と。「長く乗ろう」と考えない。せいぜいもって2年だという覚悟が必要です。

 「大きめを買ったら乗れなかった」「しばらくお蔵入り」という意見も周りでよく聞くので,それなら大きめを買ってもぴったりサイズを買っても,使用期間は同じです。ぴったりを買いましょう。

 

 

②三輪車は必要か

「いきなり自転車」という商品があるように,三輪車に乗れるようになれば補助輪付きの自転車にも乗ることはできます。が,我が家ではあえて三輪車に乗る時期を設けました。

2歳前半は三輪車で足漕ぎ。いつの間にかペダルを回せるようになって,ガンガン乗り回していたのは2歳半頃から。3歳半頃にはたまに乗る程度で,卒業した感がありました。三輪車は,意外に踏み込む力が必要です。これが足腰を鍛えるのに良いという意見を見たのが購入のきっかけです。当時マンション住まいだったので,室内で乗れるというのも良かったです。

何より幼児が三輪車に乗っている姿はかわいいものです。

 

 

③ストライダーってどうなの?

我が家はストライダーを経由していませんが,これは後悔ポイントです。自転車に乗れるようになる過程として,「三輪車→補助輪付き自転車→補助なし自転車」よりも,「足漕ぎ自転車→補助なし自転車」が良いと思っているからです。補助輪付き自転車では,バランスをとる練習ができません。

4歳になったらもう身体が大きいので,新たにストライダーを買う気にはなれません。使える期間が短かすぎるからです。車体が軽く子供でも自由に乗り回すことができるのがストライダーの良いところなので,これは本当に惜しかった…。

4~5歳でもストライダーは楽しめるので,ストライダーを卒業する頃に補助輪なしの自転車に移行するのが次の子(ができたら)の理想です。

 

 

④買い替えのタイミング

というわけで,我が家の予定では,

1~3歳:三輪車

4~6歳:レンラッド(レンラッドに至るまでの記事はこちら→4歳児に自転車を買う。 - 私的良品。

小学校に上がるタイミングと,高学年に入るタイミングで買い換えたいなと考えています。

 でも理想は,先に書いたように

1~3歳:三輪車とストライダーを併用

4歳~6歳:補助輪なし自転車

です。

 

年齢が低いほど,ストライダーから自転車への移行が難しいと聞くので(バランスがとれても,車体が突然大きくなるので対応しきれない),ストライダーを使う場合もレンラッドがいいのかもしれません。

レンラッドに乗っている子のレビューでも,ストライダー経験がある子が多いです。

 

 

⑤ストライダーと自転車,それからまとめ

ここまで,ストライダーやレンラッドを利用すれば補助輪なし自転車にスムーズに移行できることをメリットとして説いてきましたが,私は「低年齢でも補助輪なし自転車に乗れる」ことをそれほど良いことだとは思っていません。

 

ストライダーの経験があろうとなかろうと,また補助輪付き自転車に乗っていようといまいと,小学校に上がるくらいの年齢になれば大多数の子は難なく自転車くらい乗れるようになると考えているからです。私自身,幼い頃補助輪付き自転車に乗っていましたが,小学校に上る前には,祖父の大人用の自転車に30分程度の練習で乗ることができるようになりました。

 

いずれできるようになることが,人より早くできるようになったからといって,それほど生活にメリットもないでしょう。

 

それなのになぜ私が補助輪付き自転車よりストライダー系の足漕ぎ自転車を押すかというと,それは単純に「楽しそうだから」です。

4~5歳くらいの子供は,バランスをとったり,そうして道具を自分の身体のようにして操ることに,今までになかった面白さを感じ取り,本能的な喜びを得ているように見えます。

 

自転車は,単なる移動手段というよりも,子供が求める感覚を提供する,身体の学習道具…と言ったら大げさでしょうか。

 

 

 

 

我が家が購入したレンラッド

 

 

 

【関連記事】