私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

ルンバを買う。

平屋生活のため(→平屋を買う。 - 私的良品。)ルンバは大活躍です。何てったって全部屋お任せできる。

ルンバを使うこと前提で,家を建てたと言っても過言ではありません。我が家の扉は全て引き戸,床もフルフラットです。

というわけで今回はルンバについてまとめたいと思います。

 

 

①性能はそれなり。だけど助かる。

勝手に掃除をしてくれるというのは,やはりいいです。が,性能はそれなりで,集塵能力がめちゃくちゃすごいわけではありません。ゴミの取りこぼしはあるし,ドックに戻れなくなってしまったり,逆に早く戻りすぎたり。

ルンバの仕事ぶりは監視しているとイライラします。同じ所を何度も通るわりには,ゴミがある場所を通ってくれません。でも昼間外出中にルンバに動いてもらって,帰宅すると,それなりにきれいになっているということが,心に安らぎを与えます。

ルンバは「それなりに」きれいにしてくれるお掃除ロボットです。

 

 

②掃除機は必要

ルンバの性能は「それなり」なので,急な来客があるときや,もっと徹底して掃除したいとき,短時間できれいにしたいときなどは,やはり掃除機が必要です。よく「ダイソンを買うかルンバを買うか」で悩んでいる人を見かけますが,ルンバは掃除機のかわりにはなり得ません。

 

 

③大変な失敗をすることがある

コードを巻き込まない仕様のルンバもありますが,我が家のは巻き込みます。携帯やiPodの充電器のコードを床に垂らしたまま外出してしまったことがあり,2回ほど充電器がお亡くなりに。万が一液体やクレヨンが床に落ちていたなら,容赦なくそれらを床に塗りたくります。一番悲惨なのはペットのウン◯ですね。

 

 

④地味に家を削る

それほど強い力ではないものの,ルンバは壁や家具の脚,掃出窓に当たります。我が家の場合,家具類は大丈夫ですが,幅木の無い塗り壁部分と,プリーツスクリーン(カーテン)をやられました。気が付くと壁にまっすぐ,うすーい黒いあとが。カーテンの方は当たりすぎて皺になっていました。(あまり目立たないのでしばらく気が付きませんでした。それ以来,カーテンを少し上げて外出するようにしています。)

 

 

⑤ルンバが家をきれいするのではなく,ルンバのために人が部屋をきれいにする

よく言われていることですが,これは本当です。ルンバと人間,どちらがより頑張っているかというと,人間です。お金を払って塾に行ってるのに家で予習しないとついていけない…みたいな感じでしょうか。家庭学習の習慣…もとい片付けの習慣がつきました。

 

 

 ⑥メンテナンスが意外に面倒

ルンバはホコリを取る機械ですので,当然ルンバ本体にもホコリが溜まります。それを定期的に,付属の道具や爪楊枝なんかで取ってやらなくてはなりません。これが意外に面倒で,ついつい,溜め込んでしまいます。

 

 

⑦1回で全部屋掃除はムリ

前提を覆すようなことですが本当です。家がどれだけフラットでも,延床30坪の家を1回の動作できれいにするのはムリでした。ルンバは付属の機械で赤外線の「見えない壁」を作ることができ,入ってほしくないところには入らないようにできます。そいつを使って家を2分割し,今日はこっち側,明日はむこう側と日によって掃除する範囲を変えています。

 

 

⑧それでもルンバがいない生活は考えられない

言うほど万能ではないルンバですが,それでもルンバがいない生活はもう考えられません。仕事でくたくたになって帰ってきて,部屋がある程度きれいに保たれているというのは気持ちがいいものです。

我が家ではルンバを「ルンバちゃん」と呼んで,息子とともにかわいがっています。

 

 

⑨おまけ:息子とルンバ

現在4歳になる息子ですが,ルンバ導入時は2歳。ルンバを初めて動かしたときは,やはり逃げ惑いました。今は帰宅時にルンバがドックに帰っていなかったりすると,「も~!ルンバちゃんたら~!」とプリプリ怒りながら片付けに行きます。

 

 

 

 

我が家のルンバちゃんはこちら。↓

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770

もう型落ちなのかだいぶ安くなっています。

最新機種はこの子かな?↓

iRobot Roomba 自動掃除機ルンバ871 ピューターグレー 871 【日本仕様正規品】

先に述べた,コードが絡まない賢い子のようです。

 

 

今のルンバちゃんがお亡くなりになる頃には,日本製で安くて有能なお掃除ロボットが発売されていないかなあと淡い期待を抱いている私です。

 

 

 

 

【関連記事】