読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

SUNAOのカトラリーを買う。

日用品を買う。

かつて,我が家のカトラリーはカオスでした。「カトラリーを揃える」という概念が無く,実家からもらったもの,100均で買ったもの,引き出物…と,もうめちゃくちゃ。

スッキリしたい!!と一念発起して,それらを全部捨て,新たに買い揃えることにしました。

 

購入の条件は,

  • スプーン1本1000円程度。
  • オシャレすぎず,シンプルで,それでいて美しいデザインのもの。
  • 後々買い足せるように,息が長くデザインの変わらないブランド。 

この条件に合ったのは,日本製のSUNAO(スナオ)と,デンマーク王室御用達で有名なカイ・ボイスンでした。

 

 

左がSUNAO,右がカイ・ボイスン。

うーん,シンプル!どちらも美しい!

 

1つずつ,比較してみます。

 

①価格

SUNAOよりもカイ・ボイスンの方が高いです。店頭で値引きされるような商品ではないですが,どちらもネットならわりと値引きされているので,けっこう必死になって比較しました。

 

②デザイン

ディナースプーンについてSUNAOの方は「小さすぎる」,カイ・ボイスンの方は「大きすぎる」というレビューを見ました。カイ・ボイスンがオーソドックスを突き詰めた洋食器の形をしているのに対して,SUNAOはややユニークです。「日本の食卓に合うこと」をコンセプトにデザインされているためです。

 

③ブランド力

カイ・ボイスンの「デンマーク王室御用達」はやはり強いです。が,「新潟県燕市」も「日本の金属工業!」「職人!」「ものづくり大国ニッポン!」のイメージがあり,私は大好物です。

 

で,結局どちらを買ったか。

タイトルにあるようにSUNAOを買いました。②に書きましたが,日本人に合わせてデザインされているというのが決め手です。やはりカイ・ボイスンはガチの洋食にこそ合うのではないかと。

SUNAOは見た目も大きさも,我が家にピッタリでした。予想通り,我が家の食卓をすっきりと美しく,ワンランク上に引き上げてくれています。

( ピッタリすぎて,基本セットでは物足りず,しばらくしてスープスプーンとアイスクリームスプーンを買い足し,更にターナーとレードル,菜箸まで揃えてしまいました。)

本当に我が家にジャストフィットな大満足の買い物ができました。

 

 でも,カイ・ボイスンもやっぱり憧れです。いつかこれが似合う生活をしてみたいものです。

 

 

 

 

Amazonのレビューもめちゃくちゃ読みました。

SUNAO ディナーカトラリーセット 10pcs

SUNAO ディナーカトラリーセット 10pcs

 

 

KAY BOJESEN  カイ・ボイスン Grand Prix  ディナー22pcsセット  つや消し仕上げ

KAY BOJESEN  カイ・ボイスン Grand Prix  ディナー22pcsセット  つや消し仕上げ

 

 

 【関連記事】