読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

1歳児にプラレールを買う。

1歳半で息子がアンパンマンを卒業したあと,次に来たブームはトーマスでした。あまりにも好きなので,ここらでプラレールデビューかなと,1歳後半で初めてプラレールに手を出しました。

男の子なら一度は通るプラレール。そのデビュー時の様子を記したいと思います。

 

 

プラレールの対象年齢

プラレールの対象年齢は,3歳からとなっています。確かに,きちんとレールの上を走らせたり,レールを組み替えたりとプラレールとしてのオーソドックスな遊び方ができるようになったのは3歳頃だったように思います。

1歳の息子は,はじめレールを使わず車両単体で遊んでいました。

 

 

トーマスのプラレール

初めて買い与えたのは,トーマスのこのセットでした。

プラレール きかんしゃトーマス ベーシックセット

ベーシックセットというだけあって,本当にベーシック。画像にあるものだけです。

プラレールは店舗で買うことなかれ。Amazonの方が格段に安いです。店舗で買うのがバカバカしくなるくらい。

たったこれだけのセットですが,自分でレールをあれこれ組むようになるまで,かなり長い期間他に買い足すことなく遊んでいました。

レールや列車を本格的に拡張し始めたのは2歳半を過ぎてから。基本の円形レールを一人で組めるようになった頃でした。

 

 

1歳児のプラレールでの遊び方

うちの1歳児は,このトーマスをレールの上で走らせるのを嫌がりました。ただひたすら,家中を走らせたりスイッチを入れずに手で動かしたり。それはプラレールの遊び方じゃない!!けど,本人はめちゃくちゃ楽しそう。

プラレールがフローリングを走る音というのは,思っていたよりはけっこう大きなものですが,1歳児は「いったんスイッチをOFFにする」ということはしません。というかできません。結果,車両はジリジリと音を立てながら,壁の隅でずっと音を出し続けます。親がスイッチをOFFにすると,息子が飛んできてONにする。その繰り返し。

 当時は本当に参りましたが,そのうちこの音にも慣れ,気にならなくなりました。(親の負け)

 

 

で,1歳児にプラレールってどうなの?

少なくともトーマス好きや電車好きなら,対象年齢「3歳」を気にせずに好きな車両を買ってやればいいと思います。

大抵の場合,今買わなくてもいずれ買うことになるからです。プラレールとしてレールの上を走らせなくても,単なる「動くおもちゃ」としてプラレールは優秀です。

息子が初めて愛着をもって大事にしたおもちゃが,このプラレールのトーマスです。息子はこの先2年間,トーマスの「1」の塗装が消えるまで遊び倒しました。

 

 

 

このセットの次に買ったのがこれ。プラレールがヤワなわけではありません。息子が酷使しすぎたのです。

プラレール 連結部品

プラレール 連結部品

 

 

プラレールを買うなら必須なのがこちら。

Panasonic eneloop 単3形 8本パック(スタンダードモデル) BK-3MCC/8

Panasonic eneloop 単3形 8本パック(スタンダードモデル) BK-3MCC/8

 

 

 

【関連記事】