読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

カーテンを買う。~カーテンの種類編~

家づくりも佳境に入ってくると,カーテン選びが始まります。家づくりの中で,キッチンと同じくらい悩んだのがカーテンです。

 

ドレープカーテンが嫌

カーテン選びで,私は心に決めていることがありました。いわゆる普通のカーテン,ドレープカーテンを使わないことです。こんなやつ。

ドレープカーテンを使いたくない理由をいくつか挙げます。

 

理由①ステータス競争に参加したくない

カーテンは本当にピンキリで,生地のグレードやひだの数によって大きな価格差があります。そこにステータス的なものが絡んで,何というか近づきたくない世界を形成していました。「せっかくの新築なのにニトリで買うなんて馬鹿みたい。」とか,「ひだが少ないとみっともない」とか,「安いカーテンをつけていると,最後にお金が足りなくなったのかなと思う」とか。その嫌らしいカーテン競争の対象になっているのは,ドレープカーテンでした。

まずそこに参加したくない,というのが,ドレープカーテンを使いたくなかった理由の一つです。

 

理由②外から見たときに垢抜けていない

もう一つが,ドレープは確かに美しいかもしれませんが,外から見たときに垢抜けていないと感じることです。窓との相性もあるのだと思いますが,普通の一戸建ての掃出窓から見えるカーテンで一番カッコイイのはバーチカルブラインドだと思っています。こんなの。

バーチカルブラインド│トーソー株式会社

(これはやりすぎですけど,よく事務所とか銀行とかで見るやつです。)

 

理由③ホコリが嫌

それから。部屋に布モノをなるべく置きたくなかったというのもあります。埃を出すし,埃がたまるから。カーテンは必要ですが,布の面積は最小限に抑えたかった。

ただこれは逆の考え方もあって,友人は「ドレープじゃないと洗えないから嫌」と言っていました。目からウロコでしたが,私は友人のように頻繁に洗う自信がないので,こっちの選択で間違っていなかったとは思っています。

 

 

で,結局採用したカーテンは?

ドレープカーテンを採用しなかった我が家。結局採用したのは,以下の3つ。

  • プリーツスクリーン
  • プレーンシェード
  • バーチカルブラインド

和の風合いと横のラインが美しい,蛇腹折りのプリーツスクリーンをリビングと和室に。

子供部屋は布。プレーンシェードという下からたぐり寄せるように収納するタイプのものです。

そして廊下突き当りの掃出窓に例の銀行みたいなバーチカルブラインド。

 

ほぼ文句なしの選択だったと思います。中でもレースカーテンが不要な掃出窓にバーチカルブラインドというのは万人におすすめしたいです。オシャレで開閉もラク。

 

それぞれのカーテンについて,またの機会があれば詳しく書こうかなと思ったり思わなかったり。

 

 

 

 

 家づくり終盤では大変お世話になりました。

 

【関連記事】

 ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ