私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

幼児用自転車レンラッドを買う。~外へ繰り出せ編~

しばらく前にレンラッドという幼児用の自転車を購入しました(幼児用自転車レンラッドを買う。~さっそく乗ってみました~ - 私的良品。)。

届いて2週間ほどは親の都合もあって室内で乗っていましたが,その後外に繰り出し,それから1ヶ月が経ちます。平日は保育園のため休日にしか乗る機会はないのですが,めきめき上達しています。その成長の様子をお伝えします。

 

1週目

自転車で初外出。足でチャカチャカ進む感じですが,やはり外は楽しいらしく「まだ乗る」を連呼。大人がゆっくり歩くくらいのスピードです。

 

f:id:taoru3:20150201102809j:plain

 

分かりにくいですが,こんな様子。

 

2週目

ハンドルが近すぎるのかなと思いハンドルの位置を前に出しました。同時にサドルも微調整。いくらか乗りやすそうです。漕ぐスピードは大人がサクサク歩くくらい。散歩が非常にラクになりました。

家の庭は芝なのですが,芝の上はさすがに抵抗が大きく「庭では乗れないね」という結論に。

 

3週目

更に上達してスピードが上がりました。ときどき駆け足でないとついていけないくらい。これはちょっと危険なので散歩コースを見直し。

どんなに寒くても時間があれば乗りたがるので「お庭の中ならいいよ」と伝えると,芝の上でがんがん乗り回すように。乗れるじゃん…!!これなら親の目が離れても大丈夫なので非常に都合がよく,しかも多少の高低差や障害物もあって格好の練習場所に。

 

4週目

ついに足を離して乗る楽しさに目覚めました。やはりスピードが乗ると楽しいらしく,ちょっとした下り坂では足を離して乗ります。平地でもスピードを出してから足を離してみたり,くねくね進んでみたり。いい感じです。

 

f:id:taoru3:20150201110255j:plain

 

大股でこいで,足を離しています。

 

 

今後の課題

と,このように運動音痴気味&あまり乗る機会のない息子でも,目に見えてバランス感覚が養われていきます。何より自転車に乗ることを心の底から楽しんでいるし,ペダル無しの選択は間違ってなかったなあ,と。

ただ,今後の課題もいくつか。まずどの程度上達すればペダルをつけても大丈夫なのか判断ができないところ。ペダル無しはだいぶうまくなったけれど,まだペダルをつけても大丈夫そうという確信はもてません。

また,危険予知ができていなくて安全への意識はまだまだ低いので,これ以上スピードが上がることに怖さもあります。車がほとんど通らない田舎でさえこれなので,一時期話題になったストライダーの公道使用禁止議論にも納得です。

できれば庭の中だけで乗って欲しいけれど,そうもいかないので親が体力つけて走るしかないかな。

 

それでは,次回はペダルをつけた報告…になるか?

 

 

 

 

ペダルなし自転車レンラッド。こいつです。

 

【関連記事】