私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

フッ素ジェルを買う。~子供の虫歯予防の話~

子供が虫歯になるかどうかは,様々な要素が絡んでいると言われています。歯医者さんで教わったことと,我が家での虫歯対策を紹介します。

 

 

歯が生え始めた頃の歯磨き

とにかく子供を虫歯にしてはいけないと思っていたので,歯が生え始めてからはきちんと毎日歯磨きをしていました。ちょっと高めのこういうのを使ったあと,親が仕上げ磨きをするというスタイルです。

 

コンビ テテオ じぶんでみがけた 乳歯ブラシSTEP2セット

 

コンビのteteoはかわいいです。ウチはマグマグもteteoシリーズで大変お気に入りでした。が。これは断言します。第二子には使いません。

確かにこれなら赤ちゃんでも自分で持って安全に歯磨きができます。手本を見せればすぐに真似をしました。「わーすごい!」とはじめは微笑ましく,写真を撮りまくっったのを覚えています。でもこれの難点は,歯磨きの効果が無いということ。そりゃ,噛んでるだけなんで。親の仕上げ磨きは絶対に必要で,仕上げ磨きは案の定嫌がります。なら仕上げ磨きだけでいいじゃないか。自分で歯磨きができるようになるのなんて,まだまだ先でいいと思います。

 

 

初めての歯医者さん…タダだった!

3歳児検診では虫歯は発見されませんでしたが,早めにかかりつけ歯医者さんを作っておくようにと言われました。

ということで,親の歯科治療のついでに息子も歯医者さんデビューすることに。とはいえ,今のところ歯にトラブルがない息子。予防的に歯科を受診するのは保険適用外かと思っていたんですが,大丈夫でした。うちの自治体は乳幼児の医療費が無料になるので,自己負担は自宅用に買ったフッ素ジェル代のみでした。

 

 

歯医者さんで言われたこと。虫歯になる要素

歯医者さんでは,子供の歯科指導ということで虫歯になる原因や効果的な歯磨きの仕方なんかのレクチャーを受けました。その中の,虫歯になる要素の話が衝撃だったので,まとめておきます。虫歯になるかどうか,一番影響を与えるのは,歯磨きがきちんとできているかどうかではないというのです。

 

①一番大事なのは,フッ素がどれだけ口に入ったか

簡単に言うと,フッ素を使うと歯質が硬くなり,虫歯になりにくくなります。日本の水道水にはフッ素が含まれていません。一方,アメリカや韓国なんかの水道水には,フッ素が含まれています。数字は忘れてしまいましたが,フッ素が水道水に含まれている国の虫歯発生率は日本より低いそうです。虫歯になるかどうか,一番影響を与えるのはこのフッ素がどれだけ口に入ったか,だそうです。というわけで歯医者さんでフッ素塗布もしてもらいましたが,更に家での使用を強く勧められたのが,これ。

 

ライオン チェックアップジェル グレープ 60g

 

歯磨き粉と非常に紛らわしい感じで我が家の洗面台に並んでいます。歯磨きのあとに適量を歯ブラシでササッと塗るだけ。甘いので歯磨きのあとのごほうびになります。歯磨き粉と比べるとちょっと高いと感じましたが,なかなか減らないのでそうでもないです。

 

②その次に大事なのは,間食を減らすこと

食事をすると歯の成分が溶け出し,歯が虫歯になりやすい,弱い状態になります。時間が経つと元に戻るのですが,間食が多いと虫歯になりやすい時間が長くなります。その時間を減らすことが大事だそうです。

 

③歯磨きをきちんとすることは,実はさほど大きな影響を与えない

もちろん歯磨きをすることも大事ですが,影響順では3番目だそうです。ちなみに食後すぐ,前述の歯が弱くなっている状態で歯磨きをすることは歯に良くないと聞いたことがあって真偽を尋ねたのですが,「歯質の柔らかい人は気にした方がいいけど,そうでもない人は気にしなくていい。あえて言うなら,みかんやお酢など,強い酸性のものを食べた直後にはしない方がいいかも。」とのことでした。

 

 

その他ためになったこと

他にも色々話を聞いたので簡単にまとめておきます。

 

①キシリトールは効果あり。ただしキシリトールマークのついたものを買うこと。

こういうやつです。

 

【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(マスカット)

 

「キシリトール」と名のつく商品はたくさんありますが,このマークが入っていないと効果がないとのこと。キシリトールガムは,歯の弱い人は暇を見つけては噛むといいとか。話を聞いて息子にも噛ませてみようと思ったんですが,スーパーに売っているのはミント味とか大人用ばかりで,こういう子供でも食べやすい味はありませんでした。

 

②キシリトールのタブレット(ラムネ)もある。それをおやつにできたら理想。

スティッチもあるみたいです。歯医者さんで試食したけど,味は普通にラムネ。でも地味に高い…。

 

しまじろう キシリトールタブレット 10袋(1袋31g×10)

③「砂糖不使用」なんかの甘いものは虫歯の観点で言うとあまり変わらない。

キシリトールとは比べ物にならないそうです。

 

④デンタルフロスは使うべし。

携帯しやすいので私はこのタイプがお気に入り。昔から使ってます。

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m

 

⑤虫歯の子が出始めるのは,だいたい4歳から。

歯科治療に耐えられるのも4歳くらいから。3歳くらいでは,ベッドに寝て歯を触らせてくれたら100点満点だそうです。

 

⑥虫歯菌の強さは一番身近な大人(大抵は母親)の影響を受ける。

ウチは父親かもしれません。だとすると虫歯的にかなりヤバイです。

 

⑦歯並びの矯正は小2くらいがおすすめ。大きくなりすぎると大変。

乳歯ではすきっ歯の方が良くて,詰まっていると歯並びが悪くなりやすいのだそう。うちの子はリスク高め。

 

以上。

 

その後,我が家では…

息子の場合,虫歯菌の強さ的に虫歯リスクはちょっと高めです。なので歯質を強くしておくのが当面の目標。フッ素ジェルを毎日使っています。

間食は…気にはしていますがなかなか実践できていません。でも保育園に通っているので,平日だけなら大丈夫。ありがとう保育園。

 

フッ素ジェルを使ってもなかなか効果を実感することは難しいですが,まあ歯医者さんが言うのだからということで実践しています。

 

 

 

 

2歳まではバナナ味。フッ素含有量が違います。

ライオン チェックアップジェル バナナ 60g

ライオン チェックアップジェル バナナ 60g

 

 

【関連記事】