読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

オール電化住宅を買う。~電気代編~

我が家はオール電化住宅です(→オール電化住宅を買う。~導入編~ - 私的良品。)。

月々の電気代についてぶっちゃけようと思います。

 

電気代のプラン

我が家を管轄している電力会社では,電化住宅は電気代が一律10%オフです。更に電化住宅専用の料金プランがあり,使用した時間帯によって電気料金が異なります。

ざっくり言うと,昼間は電気代が1kwhあたり約30円,朝と夜は約25円,深夜~早朝は約10円です。

共働きで昼間家に誰もいない我が家にはかなり有利なプランです。

 

電気代をやりくりする

深夜~早朝にかけての電気代がかなり安いということで,通常エコキュート(電気給湯器)はこの時間帯にお湯を沸かします。オール電化住宅では,この給湯にかかる電気代が一番大きな割合を占めるのではないかと思います。

そしてタイマー設定のできる電化製品は,極力この時間帯に動くようにします。我が家では食洗機と炊飯器がそれです。はじめのうちは洗濯機もタイマー設定をしていたんですが,干す時間の都合もあるし時間に縛られると苦しくなるということで気にせず回すようになりました。

 

で,月々の電気代は?

実際に運用してみて,電気代の安さに驚きました。

昼間は家にいないことと,息子が溺れるという理由で浴槽のお湯の量をかなり少なめに設定していることが大きな原因かなと思いますが,それでも安すぎます。その他には特に節電を心がけるような家ではありません。

エアコン使用がほとんどなかった4月は5000円ちょっと。

夏場,エアコンの使用量が増えて8月に9600円ほど。

秋になるとエアコン使用は無いものの給湯にお金がかかり始めたのか10月で8000円弱。

真冬になるとガツンと上がって,1月は15000円。

参考になるか分かりませんが,こんな感じです。冬の暖房器具はエアコンのみです。加湿器も併用。やはり給湯がネックかなと思います。

 

賃貸マンション時代よりかなり安い

事前のリサーチでは,オール電化にすると電気代が下がるとか,賃貸マンションと一戸建てとでは延べ床面積が違いすぎるので電気代が上がるとか,様々な情報がありました。正直どうなるかなと思っていましたが,光熱費はおよそ半分以下になりました。嬉しい誤算です。

オール電化にしてよかった!!

 

 

 

 

 

 電気代チェッカー。レビューを見ると買いたくなる。「取説は理論値」!!

SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8

SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8

 

 

【関連記事】