私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

コーヒーミルを買う。

コーヒーにそこまでこだわりはありませんが,挽きたてコーヒーのおいしさに気付いてからは,自分で豆を挽くようになりました。今回はコーヒーミルについてのお話です。

 

長続きしなかったレトロタイプ

大学生の頃,何を思ったか初めて買ったのはこのタイプでした。

 

Kalita クラシックミル

 

レトロなデザインで似合う家には似合うでしょう。が,私の部屋には似合いませんでした。そして非常に挽きにくい。たびたび引き出しを開けて,まだか…まだか…と確認しながらの作業。当然あまり使わなくなり,来客があったときだけは挽いていたのがいつのまにか存在も忘れて一切使わなくなってしまいました。

敗因は,コーヒーミルは実用品であるという認識が足りなかったこと。

 

 

2代目は実用一直線

またしばらく経った頃,やはり挽きたてコーヒーが飲みたくなって,また失敗覚悟でコーヒーミルを買いました。今度のは前回のものとは似ても似つかないデザインのこいつ。

 

ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム

 

こいつを使ってみてびっくりしました。コーヒーミルってこんなに挽きやすいものだったのかと。1杯分ならすぐ挽けますし,「豆を挽く時間も含めてコーヒータイム」という余裕がある日なら何かしながらまったり挽くこともできます。どれだけ挽いたかが見えるのもいいし,細くて持ちやすいのもいい。コンパクトな上に取っ手は簡単に外せるので,収納も便利。こいつを買ってからは,何とほぼ毎日使っています。

 

豆にこだわりはないくらい緩いコーヒー好きですが,挽きたてのコーヒーは,おいしいです。そんなに高いものではないので,ぜひ。忙しい毎日の中にホッとする時間が生まれます。

 

 

 

電動もそんなに高くない。便利そうだけど情緒はなさそう。

Melitta セレクトグラインド MJ-518 (ブラック)

Melitta セレクトグラインド MJ-518 (ブラック)

 

 

【関連記事】