私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

おまるを買う

息子のおむつが外れたのはけっこう遅い方で,3歳を過ぎてからでした。

よく「おむつ外しは2歳の夏が最適!」と言います。我が家も2歳の夏に重い腰を上げました。

 

普通のおまる

とりあえずトイレトレーニングにおまるを買おう!となったら検討するのはこのタイプだと思います。

 

アガツマ アンパンマン 5WAYおまる おしゃべり付き

 

子どもの好きなキャラ物で,いきなりトイレではなく,安心して座れるおまるタイプ。「座れたね!えらいね!」「おしっこできたね!えらいね!」と,とにかく楽しくトイレトレーニングを始めて,トイレを好きになってもらおうという,何だかキラキラした明るいものを感じます。

しかし我が家はこのタイプのおまるを買いませんでした。というかおまるを買いませんでした。なぜなら洗いたくないから。トイレ以外に排泄したものを処理しなければいけないというのに抵抗がありました。

そんなもの無くても,おむつ外せるんじゃない??

 

 

補助便座タイプ

我が家は排泄物の処理をしたくないという一心で,普通の洋式トイレに設置する補助便座タイプを買いました。こいつです。

 

リッチェル ポッティス 補助便座 (イエロー)

 

とにかくトイレに座れればいい。なるべく突起物が少なくて,衛生管理しやすいものを求めた結果がこれでした。オレンジの取っ手は取り外せます。専用のスタンドも買っておけば非常にコンパクトで置き場にも困りません。前に突起が無いから自分で乗り降りもできるし,もう完全に親の都合ですが,これは非常にラクでした。

 

 

この選択は正解か失敗か

結果的に息子は補助便座タイプだけでオムツを外すことに成功しました。が,外れたのは3歳を過ぎてからなので時期的には遅い方だと思います。別に補助便座を使ったことで悪戦苦闘したということはないのですが,早くからトイレトレーニングを頑張りたいという人にはおまるタイプをお勧めします。補助便座タイプはトイレに行かなければ使えないし,足の安定は悪いので子どもの心理的に抵抗が少ないのはやっぱりおまるタイプかな,と。別に焦らないしラクなのがいい,もしくはトイレトレーニングは保育園でやってくれるというのであれば,断然シンプルな補助便座をお勧めします。

ちなみに余談ですが,息子のオムツが外れたきっかけは「家にあるオムツが無くなったらもう買わないよ。」という宣告です。覚悟ができたのか,オムツ1パック分が無くなるまでに一瞬で外れました。

 

 

 

新生児からおまるってそれ何の意味が…。レビューが凄いです。

リッチェル プチポッティ グリーン

リッチェル プチポッティ グリーン

 

 

【関連記事】