読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

キシラデコールを買う。

キシラデコールって何やねん!!という人がほとんどだと思います。ウッドデッキのオイル系塗装材です。

というわけで今回はウッドデッキのメンテナンスについて。

 

 我が家には13㎡ほどのヒノキのウッドデッキがあります。色は付いていなくて,見た目は白木です。「初回は1年くらいでメンテナンスしてね。ホームセンターに塗装材売ってるからそれを塗ればいいよ。」とメーカーには軽く言われたのですが,いざ1年経ってみてやってみたところ,意外に大変なものでした。

 

 

必要な物を揃える

まずはどんな塗料を買えばいいのか,そこからです。自宅から遠い,ちょっと気合の入ったホームセンターに出かけました。メーカーには「ホームセンターに行けば分かる」と言われたのですが,「屋外用」とあるものの種類はいくつかあり,また値段もピンキリでどれを買えばいいのか分かりません。いろんな製品の説明書きをしばらく読んでみて,何となくキシラデコールかなとは思ったのですが,その値段の高さに躊躇して一旦帰宅して調べます。

調べたところ,キシラデコールで合っていました。ウッドデッキを作った際に使用したのもこれのようです。よし買うか!と近場のホームセンターへ。…無い。どこにでもは無いようです。2軒回りましたが諦めてネットで注文しました。

 

キシラデコールやすらぎ 4L

 

 我が家は白木なので「やすらぎ」。2度塗りの場合1Lあたり5~7㎡塗れるということなので,我が家の場合3L以上必要です。高かった…。

他には以下のものを用意。

  • 養生テープ(一応,窓の桟なんかを保護する用)
  • 軍手
  • 刷毛
  • 塗料を入れるバケツ

軍手は自転車整備用のゴム手袋で代用。刷毛は使い捨てるつもりでクリーナーなどは用意しませんでした。塗料を入れるバケツは筆を洗うようなミニバケツがあればいいのでしょうが,ミニトマトが入っていたカップを使用したような。

 ちなみにここまでで数日かかっています。

 

 

レッツ!メンテナンス!!

キシラデコールを塗るのは,数日にわたって晴天が続く見込みの暖かい日が良いそうです。が,我が家は大したことのない様々な事情で真冬に決行しました。晴天は続いたので何だかんだうまくいったと思いますが,恐ろしく寒かったのでやはり暖かい日をおすすめします。

メンテナンスの方法としては,

  1. ウッドデッキを掃除する
  2. 塗料がついてはいけないところを養生する
  3. キシラデコールを塗る
  4. 半日ほど乾かしてもう一度塗る
  5. 養生テープをはがす

という感じに行いました。

塗り始めてしばらくして,作業の大変さに気づきます。時間がかかる。刷毛は大きめを用意したつもりでしたが,大きければ大きいほどラクです。次回はもっと大きいものにしよう。それでも家人と交代しつつ作業開始から2時間ほどで1度目の塗りが終了。半日おいて2回目を塗り,翌日養生テープをはがして作業終了です。

 

 

ウッドデッキのその後

我が家のウッドデッキは北側と南側にあるのですが,痛みっぷりが半端なく違います。キシラデコールを塗るのは5年ごとが目安ということですが,南側はあまりにも痛むので1~2年で塗るかなと思っています。塗装後は多少綺麗にはなりますが,「美しい~!!」という感じではありません。見た目より防腐が目的かな…。ちなみに北側はキシラデコールを塗ったあとは新品と見間違うばかり。

他のブログなんかを見ていると,やすらぎ(白木)ではなく色が付いているものを塗った場合はかなり見た目がきれいになっているので,新築される場合はこういうことも考えて色を検討した方がいいかもしれません。

 

 

キシラデコールの他の色。なぜかやすらぎだけ缶がダサい。

日本エンバイロケミカルズ キシラデコール 4L #107 マホガニ

日本エンバイロケミカルズ キシラデコール 4L #107 マホガニ

 

 

【関連記事】