私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

バスチェアを買う。

前回に引き続き,二人目新生児ネタです。

育児は夫婦二人でやっていますが,どうしても妻一人,夫一人で子供二人を相手する状況というのは出てきます。ワンオペという言葉も市民権を得てきました。

 

ワンオペ育児の鬼門はお風呂

このワンオペの状況で一番苦しいのが,お風呂の時間ではないかと思います。乳児一人でもキツイのに,そこに幼児も加わると,一体どんな手順を踏めばスムーズに回るのか考えても検索しても解答が得られません。

目と手を離せない乳児,そして「これなら何とかいける!」という段取りをしても真っ向から崩しにかかる幼児。

第二子が生まれる前からこの厳しい状況に予想がついていたので,とりあえずこれは必要だろうと思って買ったのがこのバスチェアでした。

 

日本育児 ソフトバスチェア

 

バスチェアがあれば,とりあえず浴室内で乳児から手を離して置くことができるので,何とか乳児と一緒にお風呂に入ることができます。ここがスタート地点です。

 

バスチェア色々

バスチェアといっても種類は様々で,一番売れていてオーソドックスなのはこのタイプではないかと思います。

アップリカ バスチェア はじめてのお風呂から使えるバスチェア

しっかりしたプラスチック製で,マットが敷いてあり,脱走防止のバーが付いています。我々が買ったメッシュタイプのものと同様リクライニング機能もついているので,新生児から使えます。

我々がこちらのバスチェアにしなかった理由は,単純に価格が高いのと,パーツが多くて何だか水が溜まりそう,そしてカビそうだったからです。メッシュタイプの方は予想通り,使用後にサッとシャワーで流すだけのケアで水も溜まらず,翌日には気持よく乾いています。

が,メッシュタイプの難点としては,下にずり落ちてくること。脱走というほどではありませんが,その点こちらのタイプなら股部分にバーがくるため,ここより下には下がらないので使いやすいのかなと思います。

他には空気を入れるタイプのこちらもありますが,穴が空いたらおしまいなのと,おすわり前には当然使えないのとで候補には上がりませんでした。

リッチェル ふかふかベビーチェアR グリーン

 

というわけで,すごく使いやすい!というわけではないのですが,このバスチェア無くしては風呂が回らない我が家です。

 

我が家流・乳児幼児ペアの風呂の入れ方

で,試行錯誤した結果,我が家がどのように風呂を乗り切っているか記しておこうと思います。風呂の広さ・設備や上の子の年齢にもよるので,やはり解答は家の数だけありますが,「こうすれば万事OK!」な方法があるなら知りたいくらい,この方法も大変です。

  1. 脱衣所に乳児の服を広げて用意する(幼児は一人で着られる程度に用意)
  2. 浴室内を暖め,シャワーを出しておく
  3. 最初に自分が脱ぎ,幼児を促しながら乳児と幼児が同時に服を脱げるようにする
  4. 浴室内のバスチェアに肌着を来た乳児をセットする
  5. 乳児に水がかからないように幼児を洗い,浴槽に入れる
  6. 乳児に水がかからないように自分の体を洗う
  7. 乳児の肌着を脱がせ,洗う
  8. 乳児とともに浴槽に入る
  9. バスチェアにお湯をかけ,乳児を置く(幼児は浴槽内待機)
  10. 乳児をバスチェアに置いたまま,バスタオルで乳児の水気を簡単に拭き取る(腹側だけ)
  11. バスタオルで自分を拭く
  12. 乳児をしっかり拭く
  13. 脱衣所へ出て,乳児に服を着せ,暖かい部屋へ移動させる
  14. 幼児を浴槽から上げ,体を拭く(あとは一人で着替える)
  15. 自分が服を着る

主に3~6に厳しさを感じます。他にも着衣のまま乳児を洗ったり,ベビーバスで洗ったりという方法も試しましたが,我が家はこれに落ち着きました。こんな日々を送っております。

 

 

 

実は女の子なので購入したのはお花柄。どピンクですが,わりと気に入っています。

 

 

【関連記事】