読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

マグフォーマーを買う。

息子の好きな遊び場の一つに,科学センターがあります。わりと硬派でマジメな施設で,訪れる人はあまりいません。

その科学センターの一角にある,低年齢児向けのプレイルーム。そこには大量のカプラやボーネルンドの木のおもちゃ,惑星のぬいぐるみ(?)など,いくつかのセンスのいいおもちゃが置いてあります。そこに最近加わったのがマグフォーマー。今回はこいつについてです。

 

ジムワールド マグフォーマー

 

マグフォーマーはプラスチックの枠のようなピースに磁石が内蔵されており,カチカチくっけて形を作っていくおもちゃです。

以前から存在は知っていましたが,価格の割にそこまで遊べないかな?と思い,手を出すことなく5年が経過。

でもまあここならタダだし…と遊ばせてみたところ,何と2時間も熱中。もう帰ろうと誘っても,頑なに拒否。明日も来ようということで何とか終了できました。

その後も息子のリクエストで何度か通い,一向に飽きる気配が無いため,「そこまで楽しめるなら…」と購入を決意しました。

 

マグフォーマーの良いところ

購入してみて,確かにマグフォーマーは良いおもちゃでした。良いところをいくつか挙げてみます。

①楽しく図形の学習ができる

我が家が購入に踏み切った決め手は,「小学校に上がったあと,図形学習の助けになるかもしれない」という下心です。

息子が持っているのは正三角形と正方形,五角形のセットですが,5歳児でも非常に上手に,様々な立体を作り上げます。これは机上の勉強よりもずっと楽しく,そして効率的です。

図形を構成するおもちゃは他にもピタゴラス(→ピタゴラス ひらめきのプレート )やゲオマグ(→ゲオマグ プロ パネル )などがありますが,マグフォーマーが一番扱いやすく,面白く,よくできていると感じます。

 

②組み立てが簡単で爽快

マグフォーマーはブロックよりも付け外しが簡単で,組み上がるのも壊すのも一瞬です。カチカチ繋がる気持ちよさもあります。

 

③収納にスペースを取らない

ブロック系おもちゃとしては大きい方だと思いますが,重ねて収納できるためあまりスペースは取りません。(我が家はLaQと同じこれに入れています。→LaQの収納容器を買う。 - 私的良品。)また,形ごとに繋げて片付けるため,子供にとっては片付けも楽しいようです。

 

マグフォーマーの微妙なところ

と,このように良いおもちゃには違いないのですが,微妙なところも多々あります。

①自由度が低い

図形の学習にはもってこいなのですが,ピースが大きく形も限られているため,自由度は低いです。動物や建物の形に見立てて作ってはみるものの,あまりそう見えないので造形的な遊びには向いていません。限られたピースで抽象的な形を作ることの面白さが分かるようになれば,また違う気はします。

②作品の強度が低い

ピースとピースは強力なマグネットでくっついていますが,大きな作品を作ろうとすると自重で崩れます。球体なんかの安定した形であればそこそこの強度になりますが,横や縦に長く繋げることは難しいです。

③くっついてほしくないところがくっつく

サクサク作れるのが魅力のマグフォーマーですが,子供が作ろうとしたときに全くストレスが無いかというとそうでもありません。作品を作っている途中でその辺に置いてあるピースがくっついてしまったり,またそれを取ろうとして引っ張ると必要な部分まで外れてしまったり,それがきっかけで形が崩れたり…ということはよくあります。

④たまに痛い

滅多にありませんが,使用しているマグネットの磁力が強いので,たまに指を挟んで「痛っ!」ということがあります。子供が泣くほどではありません。

⑤高い

と,ここまでのメリットとデメリットを比較してみると,この値段設定はやはり高すぎると感じます。良いおもちゃなのは確かです。でも高い。

 

 

日本正規品と並行輸入品

マグフォーマーが欲しい。でも高い。と思って調べたところ,安価なものはあっさり見つかりました。

日本正規品はボーネルンドが販売

そもそもマグフォーマーは韓国発のおもちゃで世界中で販売していますが,日本ではボーネルンドが正規販売店となっています。「日本正規品」は箱にボーネルンドのロゴ入り。これだけでまあ嫌な予感はするのですが,ボーネルンドで約13000円の62ピースのセットが,アメリカのAmazonでは約70ドルで売られています。価格差は約2倍。マグフォーマーは本来「高いおもちゃ」ではなかったという,衝撃の事実。

並行輸入品と偽物くさいもの

ボーネルンドで買うと高いマグフォーマーですが,Amazonには他に並行輸入品も出品されています。

 

Magformers Magnetic 62 Piece Set [並行輸入品]

 

価格は変動すると思いますが,アメリカAmazonとボーネルンドの中間くらいの価格帯です。

また,同じ並行輸入品でもバケツタイプもあり,こちらは更に価格が安いです。(現時点で欠品)

マグフォーマー 62ピースセット MAGFORMERS 日本語かんたん説明書付き マグネットブロック 創造力を育てる知育玩具 Bセット [並行輸入品]

 

しかし非常に偽物くさいため,ネットで調べに調べましたが,マグフォーマーの偽物が流通しているという確たる証拠は見つかりませんでした。

楽天でもこのバケツタイプや「箱なし」となっている商品は格安で出品されているようですが,【並行輸入品】の記載がないものも多々見受けられます。

→1016/12追記:Amazonからバケツタイプが消えて,かわりに同じバケツで類似品と思われる「マグプレイヤー」「ネオフォーマー」が売られていました。おそらく中身も一緒ですので,限りなく黒に近いのではないかと思われます。

 

正規品を安く買うならアメリカAmazonがおすすめ

ボーネルンドの日本正規品は不当に高い感じがする。しかし並行輸入品は本物かどうか分からない。ということで,ネットで推奨されているのはアメリカAmazonから買う方法です。送料は高くつきますが,それでも日本正規品よりは安い。そしてこの方法なら確実に本物が手に入ります。

 

偽物?バケツタイプを買ってみた

と,書いておきながら,実は我が家は日本のAmazonで【並行輸入品】の記載のあるバケツタイプのマグフォーマーを買いました。

価格が安かったということと,バケツタイプのレビューを見て特に問題なく使えると判断したこと,そもそも本物も中国製で,精度の高いおもちゃではない…などの理由からです。

ボーネルンドの日本正規品と違う点

このバケツタイプを買った後も,科学センターに行けばマグフォーマーで遊んでいたため,ボーネルンドの日本正規品と我が家のものとをじっくり見比べることができました。するといくつか違う点を見つけました。

  • バケツタイプにはピースに「MAGFORMER」のロゴが無い
  • バケツタイプの方が色が薄い

マグフォーマーは世界中でかなりの種類が流通しているので,この点だけで偽物とは判断できませんが,怪しさはあります。

→2016/12追記:先にも書いたようにバケツタイプはほぼ偽物かと思われます。

怪しさ満点な説明書

並行輸入品にもかかわらず,バケツタイプのマグフォーマーには日本語の取扱説明書が入っています。バケツタイプで一番怪しさを感じたのは製品自体ではなくこの説明書です。

  • ところどころ日本語がおかしい
  • きちんとデザインされておらず,文字のバランスがガタガタ
  • 漢字が中国語フォント

作成例の写真もついているので息子が捨てさせてくれませんが,正直これは捨てたいです。

とはいえ遊ぶ分には問題ない

 と,怪しい雰囲気のするバケツタイプのマグフォーマーですが,遊ぶ分には何の問題もありません。不良品も入っていませんでしたし,ボーネルンドのものと使用感は変わりません。ガシガシ使っていますが今のところ壊れる気配もないです。

偽物なのか海外製の本物なのか,これ以上は調べようがありませんが,もし買うなら,やはり無駄な心配をしなくて済むアメリカAmazonでの購入か,資金にも余裕があるならボーネルンドのものをお勧めします。

 

 

買うなら何ピースがおすすめ?

並行輸入品も含めると,マグフォーマーには様々なセットがあります(並行輸入品の方が種類は多いです)。マグフォーマーはバラ売りされていない上に買い足すには価格が高いので,最初にどのセットを選ぶかはけっこう重要です。

基本パーツは正方形と正三角形。それに様々なパーツが加わる形で,基本的には以下のようなセットがあります。

  • 正方形と正三角形のみのセット(30ピース)
  • 上記に五角形が加わったもの(62ピース)
  • 上記に台形と二等辺三角形が加わったもの(並行輸入のみ・62ピース)
  • 更に菱型や長方形や弧状のパーツが加わったもの(90ピース)
  • タイヤ等の動くギミックパーツが加わったもの

図形の学習を念頭に置くことが基本

マグフォーマーは,図形の学習の基礎になるということが一番のメリットなおもちゃです。造形あそびだけなら他にも安価で優れたブロックがたくさんあるからです。

なので基本的には正方形と正三角形のみのセットでもいいのですが,

ジムワールド マグ・フォーマー ベーシックセット30ピース

これだけだとなかなか遊びが広がらず,面白さに欠けるデメリットがあります。また,作品も小さなものしか作ることができません。お試し用として確かに手を出しやすい価格ですが,他のセットを買うとなるとこのセットは完全に不要です。

なのでオススメは,五角形の入った62ピースです。

ジムワールド マグフォーマー62

五角形が入るだけで,遊びが格段に広がります。また決まった平面だけで図形を構成していく面白さも味わうことができます。我が家は買い足さない前提で,これです。

色々な形のパーツが入ったセットは確かに面白く,息子が科学センターで夢中になっているのもこれです。

ジムワールド マグフォーマー90

が,ここまで様々な形があると,単純な形の平面で構成する面白さは減り,逆に他のブロックのような造形的な遊びにシフトしていきます。これではマグフォーマーの良さは生かせないような気がしています。

また,タイヤなどのパーツが加わったものも,そもそも強度が低い上に展開方法も限られているので,タイヤがついた車を作りたいなら「別にレゴでええやん…」と思います。

ジムワールド マグフォーマー16 【ボーネルンド】

けっこういい値段しますが,同じお金を出すならピース数を増やすほうが良いです。

 

というわけでマグフォーマー,図形学習の良い下地になってくれますように!

 

 

 

Amazonで「マグフォーマー」で検索すると,なぜかトップに類似品のこれが。

 

【関連記事】