読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

離乳食用フリージング容器を買う。

いよいよ下の子の離乳食が始まりました。

上の子のときの面倒な記憶が頭をよぎり,始まる前は憂鬱でしたが今は何とか軌道に乗っています。今回はおすすめフリージング容器の紹介です。

  

製氷皿型はリッチェルがおすすめ

離乳食。少しでも手を抜こうと思うなら,まとめて作ってフリージングという手法は基本中の基本です。上の子のときはオーソドックスに製氷皿を使っていたのですが,下の子にはこれを使っています。

 

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 1ブロック容量25ml

 

有名なやつですが,これ,かなり考え尽くされた,完成度の高い製品です。

容器がしなるので1つずつ取り出しやすく,蓋がカチッと閉まるので空気に触れにくく酸化しにくい。スタッキング可能で冷凍庫のスペースを取らず,食洗機OK。見た目は脆そうですが,意外にしっかりした作りで繰り返し使っても不安がありません。しかも安価。なんて完璧。

製氷皿を使っている人はぜひ乗り換えをお勧めします。

 

もう一段階便利なフリージング容器

実は我が家,上記のリッチェルのフリージング容器はおかず専用で使っており,お粥はこちらを使っています。もう一段階便利なフリージング容器です。(そのかわり高いです…。)

 

OXO Tot ベビーブロック フリーザーコンテナS

離乳食をストックするためだけにこの値段のものを買うのはどうかと思ったのですが,これが予想以上に便利で快適。

  • ラップ不要でそのままレンジでチンできる
  • 皿に移さずそのまま食べさせられる
  • 食洗機OK
  • 密閉されるので外出時の持ち運びもOK
  • トレーが付属しており,冷凍庫の中でバラバラしない

値段に躊躇しても買って大正解でした。手間が減るのが何よりありがたいです。

他にもこのように個別にフリージングできる容器はあったのですが,蓋が本体とくっついていたり軽すぎて安定性に欠けたりとイマイチでした。このコンテナは食卓に置いて見た目が良いとまでは言いませんが,作りがしっかりしているからか「保存容器から直接食べさせるみすぼらしさ」みたいなものは感じません。

もっと食べる量が増えたら,これを副採用にしてお粥用にはもう一段階大きい物を買う予定です。離乳食が終わっても,どうにでも使える頑丈さと見た目の良さがあります。ベビー食器を買うくらいなら,こっちです。

 

 

もう一段階大きいやつ。

 

【関連記事】