読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的良品。

自分の買い物を自画自賛。我が家にあるナイスなモノの素晴らしさを説きます。

絵本を買う。~3歳編~

絵本を買う。

0歳1歳編(→絵本を買う。~0歳1歳編~ - 私的良品。),2歳編(→絵本を買う。~2歳編~ - 私的良品。)の続きです。

息子に読み聞かせた経験と絵本好きの主観から,「これは間違いなくイイ!」な絵本を鼻息荒く紹介します。今回は3歳編。

 

3歳児向けの絵本の特徴

3歳になるとようやく,「話の筋」が分かってお話を楽しめるようになります。この頃の子供は,同じパターンを繰り返す,「桃太郎」や「3匹のこぶた」のような物語が馴染みやすいです。このパターンのお話は昔話をはじめ数多くありますが,そのパターンの中で,子供の心を掴むエッセンス(魅力的な絵,言い回し,オチ…のようなもの)をもっている絵本が,良い絵本だと思います。

 

1冊目 「ぞうくんのさんぽ」

ぞうくんのさんぽ(こどものとも絵本)

ぞうくんのさんぽ(こどものとも絵本)

 

ぞうくんが散歩中に友達に出会い,友達がどんどん背中に乗っていく,最後に崩れて池に落ちておしまい。という,至極単純な絵本です。 何度も推敲しているのですが,この絵本の良さをなかなか書き表すことができません。子供をもつ前は「えっ…何が面白いの」と思っていましたが,ゆったりした絵の雰囲気やセリフ回しが何とも言えず,いいのです。セリフが分かりやすいので,字が読めずとも子供も覚えて親の声に重ねてきます。だいたい,点字付きバージョンの出ている絵本なんていいに決まっているんです。が,ここまで書いてもなかなか魅力を伝えられません。この本の良さは子供に読み聞かせてみるまで分からないと思います。

 

2冊目 「3びきのやぎのがらがらどん」

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

 

 怖い化物(トロル)のいる橋を,3匹のヤギが順番に渡り,最後にトロルをやっつけるという,これまた単純な展開の話です。この絵本の魅力は何と言ってもトロルの怖さ。親の演技にも熱が入ります。展開が分かっていても,怖くてハラハラドキドキを繰り返し,大正義・大きいやぎのがらがらどんの登場,トロルを駆逐して気分爽快,そして最後にホッとする,…と,短い話にもかかわらず,子供の心がジェットコースター並に動きます。絵本は子供の心を動かしてナンボです。「心が動くこと=感動」です。

 

3冊目 「うずらちゃんのかくれんぼ」

うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)

うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ)

 

 絵がキモくて避けていたんですが,児童館にあったので読み聞かせてみたところ,あまりにも良書だったので土下座したくなりました。タイトルそのまんまですが,ひよこちゃんとうずらちゃんが交互にかくれんぼを繰り返すだけの,やっぱり単純なお話です。

この絵本の魅力は,どこに隠れたか指差して見つけたくなるところ。ハマる仕組みは「たべたのだあれ」や「きんぎょが にげた」と同じですが,この2冊よりも物語性が強いです。何度も何度も読んでも,「ここ!ここに隠れてる!」とわざわざ親に教えてくれます。「あっ,本当だ!」と言うと,何度でも嬉しそう。こんな些細な自己肯定が,子供にはたくさん必要なんだなあと考えさせられます。何度でも付き合ってやろうじゃないか!

 

 

以上,3歳児の精選3冊でした。

4歳編に続きます。

 

 

 

【関連記事】